北の文献に挑戦(?)

* この記事は2017年にransewhaleが独自でやっている「ぼっちアドカレ」企画2日目の記事になります。

こんばんは! ransewhaleです。

日付が変わるとともに更新しようと思っていましたが結局2日に入ってから記事を書くことになりました。にゃーん(><) (しかも公開は20時を超えてしまい… 悲しい()

実質の初日なのにあまりにもネタがないので以前Twitterにあげた問題の解説をしたいと思います。

元の問題はこうです。

다음 글을 읽고 【물음1】〜【물음2】에 답하십시오.
image_uploaded_from_ios_1024.jpg
【물음1】 본문에서 《A》〜《D》에 들어갈 말로 알맞은 것을 하나 고르십시오.
(1) A《문(文)》 B《충(忠)》 C《무(武)》 D《효(孝)》
(2) A《무(武)》 B《문(文)》 C《효(孝)》 D《충(忠)》
(3) A《효(孝)》 B《충(忠)》 C《무(武)》 D《문(文)》
(4) A《문(文)》 B《무(武)》 C《충(忠)》 D《효(孝)》

【물음2】 본문에서 찬양하는 나무가 무엇인지 알맞은 것을 하나 고르십시오.
(1) 감나무
(2) 사과나무
(3) 배나무
(4) 복숭아나무

(정답: 물음1: 4; 물음2: 1;)

この問題の出典は先月の12日に実施された第49回ハングル検定の2級の問題です。

ちなみにこの時です(ハングル検定の京都会場が京都女子大学だった)。

この問題はハン検2級のガイドラインにある「南北の言葉の違いなども多少理解することができる」というのが反映されて北朝鮮の文献から文章を取ってきて問題を作ったものです(これがタイトルの「北の文献に挑戦(?)」のタネ明かしです)。タイトル詐欺ですね(ごめんなさい…)。

えっと,それでは解説に入ります。

まず【물음1】から。

選択肢はそれぞれ「文」,「忠」,「武」,「孝」の4つですね。

で,4つの空欄がある文章をそれぞれ見ていきます。

まず10行目。

紅くなった葉が文字を書く紙になるといい「A」

これは明らかに「文」ですね。文字を書くのですから,文武でいえばあきらかに文の側ですし,「忠」なわけでも「孝」なわけでもないですね。

次に11行目を見てみます。

木が堅くて矢じりに使われるといい「B」

「矢じり」というワードが出てきた時点で「武」だとわかります。ちなみに私は화살(矢)という単語を知っていたにも関わらず(ハン検の直前期くらいずっと時代劇をみていて矢がでてきたので),このときに思い出せず「???」となってしまいました(つらい)。

そして12行目を見てみると,

果実が皮と中身が変わらず同じく赤であるのはこの木だけといい「C」

これも簡単ですね。表と裏がないという「誠実さ」を表していますので「忠」です。

最後に13行目。

歯が抜けた老人でも負担なく食べられる果実だといい「D」

「이빠진」の処理ができれば難はなかったのではないでしょうか(しかもすぐあとに「늙은이(老人)」というヒントがあるのでさすがに分からなかったひとはいない…?)。老人に対する優しさ(?),というわけで「孝」が正解ですね。

つまり,Aが「文」,Bが「武」,Cが「忠」,Dが「孝」というわけで【물음1】は(4)が正解です!!

ちなみにこの問題は「文武忠孝」という言葉を知っていれば一瞬で解けますねw (日本史あたりで出てきそうですが私は残念ながら詳しくないです…)

では次に【물음2】の解説をします。

「この果実は何か」ということについていままで分かっていることを整理します。

  1. 紅葉が紙として使える
  2. 木が堅く矢じりとして使える
  3. 皮も中身も赤い
  4. 歯が抜けた老人でも負担なく食べられる → 柔らかい

このうち3.の「皮も中身も同じ色」というヒントから「柿」ではないかと思える(はず)なのですが,4.の「柔らかい」というヒントから「桃」ではないかとも思えてきます。まだ確定できないのでここで15行目を見てみます。

また乾燥させた果実から白い粉がでてくると五色,五行,五徳を等しく備えた唯一の木だとも行った。

ここで「乾燥させた果実から白い粉」というのにピンと来てほしいところです<(╹ヮ╹)>

スクリーンショット 2017-12-02 19.46.09.png

そうです! まさに干し柿の白い粉です!!

というわけで答えは「柿」だと確信を持てるのです(少なくとも私はこれで確信を持ちました)。

ちなみに「柔らかい」というのは実は柿にも当てはまります。

北朝鮮の事情はよく分かりませんが,韓国ではよく홍시(紅柿)という熟した柿が食べられています。

スクリーンショット 2017-12-02 19.50.32.png

(Googleの画像検索で検索したものですので一部変な画像が紛れ込んでますが気にしないでくださいw)

そしてこの熟した柿が柔らかく非常に甘いという知識を持っていれば「歯が抜けた老人でも食べられるほどの柔らかさ」というのは熟した柿のことを指しているのだなぁ,と思うことができます。

ちなみにですがトマトは中国語で西红柿(xīhóngshì)といいます。

というわけで答えは(1)の「감나무」でした٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


最初からこんな感じでこのAdvent Calendarは果たしてあと23日間続くのでしょうか…

まあ,おそらくなんとかなるでしょう(は?)(ちなみになんと明日書くネタは地味に用意してあります!w)

というわけでみなさんまた明日お会いしましょう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

広告