コングリッシュ紹介

* この記事は2017年にransewhaleが独自でやっている「ぼっちアドカレ」企画5日目の記事になります。

こんばんは,ransewhaleです。

アドカレ,5日目にしてその日どころか次の日にも記事投稿ができない状況になってしまってて本当にごめんなさい(><)

さあ,今日はコングリッシュをいくつか紹介したいと思います<(╹ヮ╹)>

みなさんよく「和製英語」については聞くと思いますが,日本語以外の言語で英語が本来の英語とは違う形で使われている例ってあまり聞かないと思うので面白いかなぁとおもってシェアしてみます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

では早速!

1. Black Box(블랙박스)

スクリーンショット 2017-12-07 0.11.06.png

上の画像の通りブラックボックスとは韓国語で「ドライブレコーダー」のことを指します。どこから来たのかなぁと思ったのですが英語の”automotive black box”という表現から来たようです。

ちなみに英語だとdashcam(dashboard camera)というようです。

2. arbeit(아르바이트)

日本でもおなじみ「アルバイト」ですが,英語ではpart-time jobという言い方をします(おそらく…?)

何が面白いんだ,と思うかもしれませんが略し方が日本語と違います。日本語だとよく「バイト」と略されますよね?でも…

韓国語では알바(アルバ)と略されます。

3. one-shot(원샷)

イッキ飲みのことです。

강남스타일にも出てきますね。

ちなみに英語では… bottoms upというそうです(?)

4. A/S(에이에스)

アフターサービス(After Service)を略したもので,携帯電話などを購入した後に受けられる修理などのサービスを指します。

5. pro(프로)

パーセントのことです。オランダ語の”procent”を略したもの。100%は”백프로”と言ったりします。

6.health(헬스)

ジムのことです。おそらく”health club”から来ているのかな…?

7.gag man(개그만)

お笑い芸人のことです。英語だとcomedian。

8. pattern(패턴)

最後です。

韓国語でもパターンはパターンなのですが,なんと音ゲーの譜面のことを韓国語ではパターンというそうです(音ゲーマーの友人に聞いてびっくりして調べた)。

ちなみに音ゲー譜面は英語ではchartです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

(※ 引用したツイートには特に意図はありません。)


というわけでコングリッシュ,いかがでしたか?

ある言葉がその言語を離れて別の言語でいろんな意味や発音になって少し意味が変わったり,あるいは全く別の言葉のように使われているのって面白いですよね。

 

というわけで今回は英語が別の言語に入った例として日本語以外の例をとりあげたものでした。みなさんの母語,あるいは学習言語にもこのような例はありますか?あったらぜひ教えてください(⋈◍>◡<◍)。✧♡

それではまたお会いしましょう(((o(*゚▽゚*)o)))

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中